読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴろの狂人日記

2014年から頑張ってブログを継続しようと思います。「継続と習慣」を今年の目標にしたので、頑張って更新を続けようと思います。おいおいはレビューや数学や認知科学などについて記事を書いていければと思っています

『天国へのカウントダウン』

昨日に引き続き、もう一本映画をみました!
 
こんなに天気のいいのに、外出もせずDVDをみている自分って。。。
 
タイトルにもある通り、名探偵コナンシリーズの『天国へのカウントダウン』を見ました。
 
以前一人暮らしをしていたころに、シリーズ後半の作品はまとめてみたのですが、『天国へのカウントダウン』とかその前後の作品はみていませんでした。
 
ずいぶん昔に映画館でみたような記憶もあるのですが、最後に車でプールに飛び込むぐらいしか覚えておらず、それ以外どんな話だったか覚えてないので改めて見てみました。
 
 
 
 
最後に車でプールに飛び込むというシーンは覚えていたのですが、なんでそういう経緯になったのか忘れてしまってもやもやとしていたのですが、スッキリしました!
 
そして、最後のカウントダウンのシーンはしびれました。
 
車で隣のビルへ飛び移る提案をするコナン、冷静に計算して可能かどうか分析する灰原、そしてそれを想定済みの上で提案をしているコナン。
 
このあたりも好き。
 
 
 
ストーリとしては、日本画家の先生の殺人計画と黒づくめの男たちの殺人が偶然にも絡んでしまったという話。
 
日本画家の先生は先生で殺人の計画を立てていて、殺そうとしていた人を予期せず先に黒づくめの男たちに先に殺されてしまい、それをうまく利用して連続殺人にみせかけ、一方で自分にはアリバイをつくり自分を容疑者から外す。
 
爆発関係は黒づくめの男たちの仕業。
 
黒づくめの男たちが殺したプログラマーの男が持ち出した極秘情報をPCごと破壊するため、それと灰原がツインタワーにくることをたまたま知ったので、ついでに爆発で始末するため。
 
その爆発のせいで、いろいろ退路を経たれ奮闘するという話で面白かったです。
 
 
 
天国へのカウントダウン』の他に、古い作品だと『ベイカーストリートの亡霊』と『銀翼の魔術師』が微妙に覚えてないので、今度みようっと♪
 
 

名探偵コナン?天国へのカウントダウン? [DVD]